【ネタバレ小説批評まとめ】『ミスター・スペースシップ』フィリップ・K・ディック【愛すべき駄作……ではない!?】



ミスター・スペースシップ

フィリップ・K・ディック ミスタースペースシップ 批評 書評 レビュー 駄作 面白い

原題:Mr.Spaceship (1953)

作者:フィリップ・K・ディックディックの紹介記事はこちら

訳:大森

所収:『トータル・リコール――ディック短編傑作選』(早川書房)

レビュー:80

はじめに――『ミスター・スペースシップ』は本当に駄作なのか?

SF界の帝王フィリップ・K・ディック御大をして、訳者に「愛すべきバカSF」呼ばわりされてしまった本作『ミスター・スペースシップ』。もちろん訳者はディックを本気でディスっているわけではない。映画化もされるほどの優れた傑作SFを世に送り出すディックの実力を知っているからこそ、”まあ、こういう片手間に書いたような箸休め的なSFもいいよね”という微笑ましさから「愛すべきバカSF」と呼んだわけである。しかしわたしは、この「中学生のSFファンが考えたみたいな」本作品が大好きである。テーマはきちんと掲げられているし、毎度のことながら無駄な描写のない合理的な構成がバッチリ自分の性癖にマッチしているのだ。そこで本稿では、『ミスター・スペースシップ』が「愛すべきバカSF」と一笑に付して終わるような作品ではないことを論じていきたいと思う。批評という”レンズ”が結ぶ『ミスター・スペースシップ』の像は、訳者がみていたものとはずいぶん異なって浮かび上がってくるかもしれない。それが批評の面白さでもある。

あらすじ

人類は戦い続けていた。戦場は地上から宇宙へ。地球人と異星人。戦争が国境と種族を超えた”異星人間”の闘争となってから幾世紀が経っていた。そんな人類が現在対立している異星人は、知能を有する「生体兵器」(生きた機雷)を駆使して頑強な防衛ラインを築いている。「機械システム」で統御された人類の兵器より一枚も二枚も上手なので、とうてい太刀打ちできなかった。このまま膠着状態を打破できなければ、戦況は覆るかもしれない。そんな懸念を抱えた”地球保安局”のクレイマーは、敵の生体兵器に対抗するべく、とある提案をうちだした。それは、「人間の脳」をスペースシップに「搭載」するという驚くべき作戦だった。その提案は苦渋の末に受理されてプロジェクトが動き出すが、クレイマーは予想だにしない結果に驚きと戸惑いを隠せなかった。なんと脳を提供してくれる検体者が、かつての大学の恩師だったのだ……。

記事まとめ

 

その1「本当に駄作なのか?」

その2「ディック作品が読みやすい理由とは?」

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

石山 広尚(いしやま ひろなお) 1991年うまれ。 札幌在住のライター。 一時期は社会学の研究者を志していたが、ひょんなことから友人と同人誌をつくることになり、それがきっかけで「創作」の世界にどっぷりハマる。小説サークルを主宰し、「批評」の重要性を痛感する。 ・大学院時代の専門:思想史と社会学 ・好きな作家:H.G.ウェルズ、オー・ヘンリー、ポール・ギャリコ、スティーブン・キング ・好きな映画:ゴッドファーザー、第三の男、ターミネーター2