【ネタバレ漫画批評】『神緒ゆいは髪を結い』第22話【「デススペルヴァリウス」のセンスは一周回って好き】

神緒ゆいは髪を結い 最新話 ネタバレ 感想 第22話 批評 レビュー 評価 面白い 面白くない デススペルヴァリウス 橘城アヤ子



今日の名フレーズ

今度あなたの両親や大切な人から、どうしてそんなくだらないものを見にいきたいのかと問われたら、こう答えるといい。スティーヴン・キングが行けといった、と。スティーブン・キングがいいホラー映画をさがせといった、なぜなら、そういう映画こそが人の心の善なる部分に語りかけてくるのだから、と。

(『死の舞踏』スティーブン・キング/訳:安野玲)

第22話「memento mori? carpe diem?」

神緒ゆいは髪を結い 最新話 ネタバレ 感想 第22話 批評 レビュー 評価 面白い 面白くない デススペルヴァリウス

レビュー:??

漫画:椎橋寛

所収:週刊少年ジャンプ/2019/第38号

【神緒ゆいは髪を結いは批評記事まとめ】

「デススペルヴァリウス」のセンスは一周回って好き

 

  • 音色を聴いた者を死へと誘う凶悪な音響兵器「デススペルヴァリウス」
  • 一周回ってこの名前が好きになってきた。アメリカのマイナーB級(あるいはC級)ホラー映画に登場しそうだ。
  • さて、そんな恐ろしい音響兵器を操る橘城アヤ子(きつじょうあやこ)のまえに、ついこの間まで鍵斗と敵対していた淡魂炎火(あわだまほのか)が対峙する。
神緒ゆいは髪を結い 最新話 ネタバレ 感想 第22話 批評 レビュー 評価 面白い 面白くない デススペルヴァリウス 橘城アヤ子
  • すっかり改心(?)し、いまや鍵斗勢力の一味になっている淡魂炎火(あわだまほのか)。彼女は橘城アヤ子を抑止できるのか?
  • 結論からいうと、あえなく敗北。
  • 「耳栓戦法」で対抗するが、なんと「デススペルヴァリウス」の音色は、直接に相手の骨を響かせて音を伝える「骨伝導」で耳栓の効力を無効化したのだ。
  • 傑作『メタルギアソリッド』でもおなじみの「骨電導」。実際、軍事の世界では通信会話の精度を高めるために「骨電導」を採用しているという(唐突なウンチク)。

 

  • 見事にしてやられた淡魂炎火(あわだまほのか)。
  • はたして鍵斗たちに勝ち目はあるのか?
  • 気づけば「蟲×能力バトル×スケバン」漫画と化した本作品。
  • ラストまで全力疾走だ。
  • 皮肉なことに、打ち切りエンドが見えてきてからテンポが良くなってきたような気がする。

 

(第23話に続く……)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

石山 広尚(いしやま ひろなお) 1991年うまれ。 札幌在住のライター。 一時期は社会学の研究者を志していたが、ひょんなことから友人と同人誌をつくることになり、それがきっかけで「創作」の世界にどっぷりハマる。小説サークルを主宰し、「批評」の重要性を痛感する。 ・大学院時代の専門:思想史と社会学 ・好きな作家:H.G.ウェルズ、オー・ヘンリー、ポール・ギャリコ、スティーブン・キング ・好きな映画:ゴッドファーザー、第三の男、ターミネーター2