頭でわかっていても中々できない!「継続は力なり」を実践する大切さ!

〇ブログで営業!?

 

本日、経営者の勉強会で

わたしの知り合いが講話をしてくれました。

尊敬する先輩です。

 

彼は、起業してから味わった【仕事ゼロ収入ゼロ】のどん底苦労話を交えながら

どのようにして仕事を得、現在のように活躍できるようになったか

そのヒケツを年上の熟練経営者さんたちに話してくれました。

 

しかし面白いもので

その人はけっして

お客さんを呼び込むためのマル秘ウルトラテクを持っているわけではありませんでした。

 

たったひとつのコツは

毎日ブログを続けること

 

なぜなら

今日のSNS時代では

ブログをやっているだけで

非常に優れた広告力を発揮するからです。

 

かつてのブログ黎明期は

あくまで「日記」という位置づけが強かったのですが

しかし今日では「外に向けて情報を発信するコンテンツ」という重要な意義を持つようになりました。

 

今回講話してくれたわたしの先輩は

そんなブログを存分に活用して

自分のやりたい仕事でご飯を食べられるようになったのでした。

 

ちなみに、わたしがブログを毎日更新するようになったのは

彼の影響です(;´∀`) 笑

 

 

〇ブログを毎日更新していると、自分自身と向き合える?

 

経営者がブログをやっていると

「自分は何のためにこの仕事をしているのか」

「この商品が素晴らしいということをどう伝えていけばいいか」

「自分はいったいお客さんになにをしてあげられるのか」

 

とその講話者の方は言います。

 

なぜか?

 

それは、ブログを書く以上、ネタを探さなければならないからです。

 

しかも毎日ともなるとさあ、大変。

いつもいつも、ブログのネタになりやすい出来事があるわけじゃない。

 

だからけっきょく、いやでも【自分】がネタの中心点になっていくわけです。

すると、自然に、【そもそも自分はどうしてこの仕事をしているんだっけ?】

という根本的な問いにつながっていきます。

 

この問いは【理念】【原点】と向き合う機会を与えてくれます。

そして書き手は、ブログを通じて自分の思いを未来のお客さんに発信していくことになります。

 

だからこそ、毎日ブログを書く意義があるのです。

 

古今東西、何事もビジネスは【理念】が大事であると言われてきました。

ブログを書いていけば、その【理念】を追求したり再確認することができるというわけなのです。

 

わたしの記憶が正しければ

この【ブログ】と【理念】の話をしているとき

来場していた経営者さんの反応がものすごく良かったのを覚えています。

 

実際、わたしも当ブログ「カンガエルドットコム」を毎日更新するようになって

さまざまな発見や気づきがありましたし

現在でもなお「考える楽しさ」を伝えようというスタンスは揺らいでいません。

 

それもこれも

毎日ブログのネタを考えていくなかで

今日はどんな「カンガエル」を伝えようかと頭を悩ませているおかげなのでしょう。

 

 

〇「継続は力なり」を実際にやってみる!

 

過去記事「才能を羨むまえに「正しい努力」はしているか?結果が出ないならそれは努力ではない!」

でも言いましたが

わたしは「継続は力なり」という言葉が大好きです。

 

どんなことでも

ひとつのことをやってやってやり抜いた人間は

必ず結果を出しています。

 

それは

世の成功者たちの軌跡をたどれば

誰にでも理解できることでしょう。

 

だからたいていの人は

「継続は力なり」を

「良い言葉だ」と思っているはずです。

 

 

しかし、です。

頭で理解しているからといって

実際に行動に移せるかどうかは

また別の話なのです。

 

本日の講話をきいた、とある経営コンサルの方はこうおっしゃっていました。

「講話で話されていたSNSとブログの活用術は、わたしも知っていた。

けれど、それを知っているということと、実際にそれができるのかという意味では、天と地の差があることを痛感させられました」

 

継続は力なり。

その言葉の意味の重さは

実際にやってこそわかるのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

3 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    アバター

    石山 広尚(いしやま ひろなお) 1991年うまれ。 札幌在住のライター。 一時期は社会学の研究者を志していたが、ひょんなことから友人と同人誌をつくることになり、それがきっかけで「創作」の世界にどっぷりハマる。小説サークルを主宰し、「批評」の重要性を痛感する。 ・大学院時代の専門:思想史と社会学 ・好きな作家:H.G.ウェルズ、オー・ヘンリー、ポール・ギャリコ、スティーブン・キング ・好きな映画:ゴッドファーザー、第三の男、ターミネーター2